あの人は今

藤崎マーケット2019現在や消えた理由は?リズムネタより漫才が面白い?

こんにちは、やすひらです。

 

「ラララライ体操」というリズムネタで大ブレイクした「藤崎マーケット」を覚えていますでしょうか?

 

昔に放送されていた人気のお笑い番組「レッドカーペット」にて、注目を浴びましたね。

 

爆発的な人気でテレビにも引っ張りだこで、当時の年収は7200万円だったそうです。

 

一躍有名になった藤崎マーケットさんですが、現在では全くと言っていいほどテレビでは顔を見ませんよね。

 

そんな藤崎マーケットさんは、現在どのような活動しているのか、気になっている方も多いと思います。

 

ということで今回は「藤崎マーケット2019現在や消えた理由は?リズムネタより漫才が面白い?」というテーマで書いていこうと思います!

藤崎マーケットとは?

藤崎マーケットのプロフィールについてご紹介します!

・コンビ名:藤崎マーケット
・メンバー:田崎佑一、トキ
・結成:2006年
・事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
・同期芸人:かまいたち、天竺鼠、和牛、バイク川崎バイクなど

藤崎マーケットといえば、やはり「ラララライ体操」が有名ですよね。

 

白いヘアバンドに女性用のタンクトップのテニスウェア、そして黒の5分丈のスパッツを着用。

 

「みんなー、ラララライ体操、はーじめーるよー!」という台詞からネタが始まります。

 

「ラララライ♪ラララライ♪」「○○でエクササーイズ♪ワン、ツー、スリー!」と言う掛け声で、いろんな場面においてのエクササイズをし、その後アカペラで「ライ!ライ!ライライライ!ラララライ♪ラララライ♪ラララライカラライカラ行け行けGO!GO!♪」というセリフを言いますね。

藤崎マーケットの消えた理由は?

さて、一世を風靡した藤崎マーケットが消えた理由について調べてみました。

 

藤崎マーケットの消えた理由ですが、正確な理由についてはわかりませんでしたが、やはり単純に「旬が過ぎた」ことが主な原因でしょう。

 

これは一発屋なら必ず通る道ですよね。

 

もちろん本人たちもそれをわかっていたようで、2008年のあるインタビューでは「ラララライ体操をやめ、漫才とコントを主流としていく」と発言しています。

 

この時に、在京局のスタッフからは「お前らはラララライ体操だけやればいい」と叱責されたともこともあるそうです。

藤崎マーケット2019現在は?

藤崎マーケットの現在について気になっている人も多いと思います。

 

藤崎マーケットの現在について調べてみましたが、最近は漫才を中心に活動しているそうです。

 

そもそも藤崎マーケットは一発屋のイメージが強いですが、本当は実力派の漫才師なんです。

 

数々の賞レースで好成績を残しているからです。

 

過去の賞レースの戦績についてご紹介します!

2005年

・Ⅿ-1グランプリ 3回戦進出

2006年

・Ⅿ-1グランプリ 準決勝進出

2007年

・爆笑レッドカーペット(特番) レッドカーペット賞受賞
・オールザッツ漫才2007 決勝進出(準優勝)

2008年

・キングオブコント 準決勝進出
・Ⅿ-1グランプリ 準決勝進出
・オールザッツ漫才2008 決勝進出(3位)

2009年

・第7回MBS新世代漫才アワード 3位
・Ⅿ-1グランプリ 準決勝進出
・オールザッツ漫才2009 優勝

2010年

・第33回 ABCお笑いグランプリ 5位
・Ⅿ-1グランプリ 3回戦進出

2012年

・第10回MBS漫才アワード 優勝

2013年

・歌ネタ王決定戦 準決勝進出

2014年

・第35回ABCお笑いグランプリ 5位
・第3回 ytv漫才新人賞 優勝
・NHK新人お笑い大賞 本戦進出
・歌ネタ王決定戦 準決勝進出
・キングオブコント 準決勝進出
・THE MANZAI 認定漫才師

2015年

・歌ネタ王決定戦 準決勝進出
・キングオブコント 決勝5位
・Ⅿ-1グランプリ 準々決勝進出

2016年

・歌ネタ王決定戦 準決勝進出
・キングオブコント 準決勝進出
・Ⅿ-1グランプリ 準々決勝進出

2017年

・歌ネタ王決定戦 優勝
・キングオブコント 準決勝進出
・Ⅿ-1グランプリ 準々決勝進出

2018年

・Ⅿ-1グランプリ 準々決勝進出

こうしてみるとやはり実力派の芸人さんということがわかると思います。

 

なので、現在では漫才の腕が認められて、お笑いの舞台などで活躍中のようです。

まとめ

今回は「藤崎マーケット2019現在や消えた理由は?リズムネタより漫才が面白い?」というテーマでまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

藤崎マーケットはもともと実力があるのに、一発屋になったことによって本来の実力が発揮できなくなった珍しいパターンです。

 

藤崎マーケットのお二人は漫才の実力があり、まだ年齢も30代後半です。

 

世間では一発屋のイメージが強いですが、お笑いの実力がしっかりとあるコンビなので、今後テレビに出る機会が増えるかもしれません。

 

今後の藤崎マーケットの活躍に期待しましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!