バスケ

馬場雄大のアメリカ(NBA)挑戦は?身長や年俸は?兄弟はいるの?

こんにちは、やすひらです。

 

B1リーグに所属するアルバルク東京。アルバルクの若きエース馬場雄大をご存知でしょうか?

 

代表経験も豊富で、プロバスケットボール選手でもトップレベルの身体能力を持っています。

 

馬場雄大選手が一体どんな選手なのか気になりますよね?

 

ということで今回は、馬場雄大選手について書いていきたいと思います。

馬場雄大のプロフィール

・名前:馬場 雄大(ばば ゆうだい)

・生年月日:1995年11月7日

・身長:198㎝

・体重:90㎏

・出身:富山県

・高校:富山第一高校

・大学:筑波大学

・所属:アルバルク東京

・ポジション:スモールフォワード

これからの日本バスケ界の未来を担うであろう馬場雄大選手。

 

プレーの特徴は、ただ、「バスケが上手い」だけではなく、「見る人を引き付けるプレー」ができるところです。

 

そんな馬場選手のプレーの中で一番「見る人を引き付けるプレー」なのは、なんと言っても日本人離れした身体能力から放たれるダンク。

 

身長182㎝だった中学3年生で初めてダンクができるようになって以来、「ダンクは僕の持ち味の一つ、行ける時には行く」と、語っています。

 

中学3年生でダンクできるあたり、身体能力のすごさが伝わりますね。

 

そんな馬場雄大選手がバスケを始めたきっかけは、プロバスケ選手でもあった父親の影響があったようです。

 

父親は元日本代表にも選出されていて、身長はなんと200㎝もありました。

 

日本ではかなり高身長なので、ポジションはセンターかと思っていたのですが、モスクワ五輪予選当時のポジションはなんと、ポイントガードです。

 

大型選手ながらポイントガードを任されているので、バスケの実力だけではなく、バスケIQも高かったのでしょう。

 

馬場雄大選手は中学を卒業後、父親がコーチを務める富山第一高校に入学します。そして、エースとして、2年生と3年生の時に全国大会に出場しました。

 

日本代表としても、高校1年生の時、「男子U-16日本代表」に選出され、「第2回FIBA ASIA U-16男子バスケットボール選手権大会」でアジア3位に貢献しています。

 

また、高校2年生の時には、飛び級で「男子U-18日本代表」にも選出されました。

 

高校卒業後は、大学バスケの名門・筑波大学へ進学。同期の杉浦佑成選手とともに、1年生からチームを牽引し、入学以来3年連続でインカレを制し、大学日本一に輝いています。

 

その後は、大学4年生ながらB1リーグに所属するプロチームのアルバルク東京と契約し、現在も活躍中です。

 

馬場雄大選手はBリーグでも外国選手に引けを取らない豪快さを見せています。その実力の原点は父親との特訓だそうです。

 

 

中学校の部活を引退した後から、週2~3日1時間半やっていた父との練習の最後に、ダンクを10本入れたら終わりという決まりにしていたそうです。

 

バレー用、女子用、男子用とだんだんとボールの大きさを大きくして練習していったそうです。

 

高校1年生の時に始めて試合でダンクができ、日本だからチヤホヤされる部分もあったと思います。

 

しかし、慢心することなく自分自身ではスタンダードだと思ってやっているそうです。

 

そんな馬場雄大選手の年俸について、私もこの機会にBリーグの選手の年俸について調べてみましたが、結論から言うと非公開とのことでした。

 

あるBリーグの選手によると、Bリーグの選手は自分の年俸を公開してはいけない決まりになっているそうです。

馬場雄大選手のアメリカ(NBA)挑戦は?

アメリカ挑戦をしていてもおかしくない馬場雄大選手ですが、実は筑波大を中退してアメリカに渡るつもりでいたそうです。

 

渡邊雄太選手、八村塁選手という同世代で親交の深い2人がアメリカの大学で素晴らしい成長を見せています。彼らへのライバル心も、一緒の舞台でやりたいというあこがれもあったようです。

 

圧倒的な強さでインカレ3連覇を成し遂げて最上級生となった馬場雄大選手に、もはや大学バスケで学ぶものはなかった。「より高いレベルへ」と考えた場合、アメリカに目が向くのは当然ですよね。

 

しかし、「Bリーグで力を付けたほうがいいのではないか」という意見もありました。

 

日本代表コーチであるパヴィチェヴィッチ氏もその一人で、「Bリーグでプロを経験することには意味がある。Bリーグで1シーズンやって、準備をしてからでも遅くはない」とアドバイスしたそうです。

 

その後、代表コーチの契約期間が切れたパヴィチェヴィッチ氏はアルバルク東京のヘッドコーチに就任し、馬場雄大選手もアルバルク東京と契約を結びました。

 

なので、今後馬場雄大選手のアメリカ挑戦はありそうです。

まとめ

今回は馬場雄大選手についてまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

同世代の渡邊雄太選手はついにNBAデビューしましたし、八村塁選手も2019年NBAドラフト予想では常に上位の方に位置しています。

 

ぜひ馬場雄大選手にもアメリカ挑戦してほしいですね。

 

今後も馬場雄大選手の活躍について期待しましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!