バスケ

富永啓生の性格や兄弟は?プレースタイルの評判とNBAや海外の反応は?

こんにちは、やすひらです。

 

ウィンターカップ2018を大いに盛り上げた富永啓生選手。

 

大会前からその爆発的な得点力が大注目されていました。

 

そのウィンターカップ2018では、6試合で獲得した得点はなんと239点。1試合平均39.8点という驚異的な数字を残しています。

 

さらに3ポイントシュート成功数30本、フリースロー成功数35本でも大会ナンバー1の成績を挙げました。

 

富永啓生選手が一体どんな選手なのか気になりますよね?

 

ということで今回は富永啓生選手について書いていきたいと思います。

富永啓生のプロフィール

・名前:富永 啓生(とみなが けいせい)

・生年月日:2001年2月1日

・身長:185㎝

・出身:愛知県

・中学:春日井市立岩成台中学校

・高校:桜丘高校

・ポジション:シューティングガード/スモールフォワード

富永啓生選手の父・啓之さんは、日本代表にも選ばれたこともあるバスケットボール選手です。

 

洛南高校から日本大学に進学し、三菱電機で活躍していました。
ポジションはセンターで、身長はなんと211cm。

 

富永啓生選手の現在の身長は185cmですが、これからまだ伸びる可能性がありそうです。

 

 

また、母・ひとみさんも、実業団でプレーしていたバスケットボール選手でした。

 

そんな両親の下で生まれ育った富永選手は、小さい頃から父と遊びで、暇さえあればバスケットをしていたそうです。

 

小さい頃から多くの成績を残してきたようにも思えますが、富永啓生選手は遅咲きの選手でした。

富永啓生の評判や海外の反応は?

富永啓生選手は愛知・春日井市立岩成台中学校3年生のときに全中に出場していますが、身長は170cm程度と小柄で、都道府県のトップ選手で構成される県選抜には入っていませんでした。

 

強豪校からの誘いもほとんどなく、桜丘高校に進学したのも両親と江崎悟コーチとの親交が深かったことが大きいそうです。

 

しかし、高校2年生のときに大きなターニングポイントが訪れました。

 

当時、アンダーカテゴリー男子日本代表を統括していたトーステン・ロイブル氏が、富永啓生選手の才能を見出し、ほぼメンバーが固まりかけていたU16日本代表に緊急招集したのです。

 

日本バスケットボール協会のレポートによると、身長の伸びが著しくプレーが不安定だった富永啓生選手は、スカウトの網になかなか引っかからなかったのだという。

 

国内外の多くの才能を発掘・育成してきたロイブル氏ですらも、富永啓生選手との出会いに「ダイヤモンドを発見した」と興奮を隠せない様子だったと記述されています。

 

U16アジア選手権では総得点で4位につける活躍を見せ、2018年8月に開催されたU18アジア選手権でも同様の成績。U18では出場選手中わずか3人にとどまった、1試合平均20得点達成者の1人にもなっています。

 

FIBAのU18アジア選手権特設ページには、富永啓生選手にフォーカスしたレポート記事が掲載され、そこにはこんな一文がありました。

 

「富永のシュートが炸裂する様子は、この大会で最もわくわくすることの1つだ」

 

富永啓生選手のシュートは日本のみならず、アジアでも注目を浴びる存在となったのです。

 

そのセンスは当時から確実に備わっていました。

 

幼少期の頃から、同世代が低いリングと小さなボールを使っている時に、顔よりも大きな大人用のボールを正規の高さのリングに軽々と投げ、沈めていたそうです。

 

桜丘高校の江崎コーチは、富永の天才的なシュート力を育てるために、あえてシュート以外のプレーを求めなかったと明かしています。

 

「普通、『ここはパスだろう』というところもあるじゃないですか。他の選手には練習から厳しく状況判断を指導しましたが、あいつだけには一切言わずに、『シュート、シュート、決めてこい』。これを徹底しました。他の選手たちには随分我慢をさせたけれど、啓生はチームどうのこうの以上に、日の丸を背負って活躍してほしいシューターだから

 

そんな富永啓生選手は2019年1月6日、自身のインスタグラムにこう投稿しています。

 

「色々噂があるようですが、アメリカの大学に進学しようと思っています」

 

夢はNBAプレーヤーと話し、アジア選手権でも評価を得た彼が選ぶ道としては妥当だと思います。

 

現在身長185cm。3年間で15cm以上伸びた身長は、まだ少しずつ伸びているそうです。

 

手足が長く、軽々ダンクできる身体能力があり、NBAでも希少な左利き。本人が思い描くとおり身長が190cmの大台に乗れば、素質的には日本人初のNBAシューター誕生に大いに期待できます。

まとめ

今回は富永啓生選手についてまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

どこからでも得点が取れる、得点力と相手のタイミングを外すステップにさらに磨きがかかり、今後も活躍が期待できる選手です。

 

今後も富永啓生選手の活躍に期待しましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!