バスケ

テーブス海はハーフで国籍は?実力やプレースタイルとNBAの評価は?

こんにちは、やすひらです。

 

現在アメリカの大学で活躍中のテーブス海選手。

 

日本代表経験もあるテーブス海選手は一体どんな選手なのか気になりますよね。

 

まだまだ若く、今後期待の選手なのでぜひいろんな方に知ってもらいたいです!

 

ということで今回は、テーブス海選手について書いていきます。

テーブス海のプロフィール

・名前:テーブス 海(てーぶす かい)

・生年月日:1998年9月17日

・身長:188㎝

・体重:83㎏

・出身:兵庫県

・高校:東洋大学京北高校→ブリッジトン・アカデミー→ノースフィールド・マウント・ハーモン

・大学:ノースカロライナ大学ウィルミントン校

・ポジション:ガード

・国籍:日本

テーブス海選手は父親がカナダ人、母親が日本人のハーフです。

 

父親のBT・テーブスさんは女子実業団Wリーグの富士通レッドウェーブのヘッドコーチです。そんな父親によくバスケットのことを相談し、アドバイスをもらうそうです。

 

テーブス海選手は中学生の頃から全国レベル以上の実力で、U16日本代表にも選出されています。

 

その後は強豪の東洋大学京北高校に進学し1年時よりベンチ入りを果たし、2年時にはエースとしてチームを引っ張り、2年連続インターハイ出場を果たしています。

 

そして高校2年の時にアメリカへ留学し、ブリッジトン・アカデミーに所属します。

 

しかし1年でここをやめて、全米優勝も果たしているノースフィールド・マウント・ハーモンに転校しました。

 

ここでの活躍が認められて、6校から奨学金オファーが来ました。

 

そして、現在のノースカロライナ大学ウィルミントン校に所属しています。

 

ノースカロライナ大学ウィルミントン校はアメリカ大学最高峰のNCAAのディビジョン1に位置しています。ノースカロライナ大学は、あのバスケの神様マイケル・ジョーダンをはじめ、多くのNBA選手を輩出しています。

テーブス海の実力は?NBA入りの可能性は?

現在大学1年生のテーブス海選手はNCAAディビジョン1での1年目のシーズンを終えました。

 

ルーキーにして開幕から先発ポイントガードに定着して、開幕戦から7アシストを記録しています。

 

手堅いハンドリングでミスなくボールを前線に運び、卓越したビジョンとパス技術でアシストを連発。シーズンを通して1試合平均30.8分のプレータイムを得て、8.8得点、7.8アシストを記録しています。

 

7.8アシストはNCAAディビジョン1全体でも2位の数字です。また試合ごとのターンオーバーは3.4で、まだ改善の余地はあるものの、チャレンジした結果としては悪くないです。

 

シーズンを通して積み重ねた252アシストは、CAAカンファレンスの歴代記録を塗り替える数字となりました。

 

テーブス海選手は最近のインタビューで「NBAが自分の視野に入ってきた」と言っています。

 

「これまで口に出して言ったことはなかったけれど、NBAに入れるように頑張ってみたいと決めました。前は自分がそんなことを言うとは思ってもいなかったし、そう言う自信もなかったけれど、今は、それが僕の目標だと言えます。最初にアメリカに来た時にはNBAはまったく目標ではなかったんです。アメリカで成長して、いつかBリーグでプレーできればと思っていました。今もBリーグでプレーしたいと思っているけど、でも、今アメリカで、アメリカの選手たち相手に自分がどれだけできるかを見て、NBAが自分の視野に入ってきました。」

 

今後の活躍にも期待ですね!

まとめ

今回はアメリカの大学で活躍中のテーブス海選手についてまとめていきました。

 

渡邊雄太選手がNBA入りし、八村塁選手も2019年NBAドラフト上位指名が期待されています。テーブス海選手にもぜひNBA入りを果たしてほしいですね。

 

まだ大学1年生ということでこれからの成長が本当に楽しみです。

 

今後もテーブス海選手の活躍に期待しましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!