バスケ

田中力(バスケ)の高校や中学と現在の身長は?今後の進学先は?

こんにちは、やすひらです。

 

中学生時代はスーパー中学生と言われ、さらに史上最年少で日本代表候補に選出された、日本バスケ界の期待の星である田中力選手。

 

これだけ注目されている田中力とは、いったいどんな選手なのか気になりますよね。

 

ということで今回は、田中力選手について書いていきます。

田中力のプロフィール

・名前:田中力(たなかちから)

・生年月日:2002年5月4日

・出身地:神奈川県

・身長:186㎝

・体重:72㎏

・中学:横須賀市立坂本中学校

・高校:IMGアカデミー

・ポジション:ガード

田中力選手は父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフです。

 

2歳から7歳までアメリカで過ごしたのち神奈川県横須賀市に来ました。

 

バスケットは小学校4年生から始めたそうです。その時から体格に恵まれていましたが、当初はあまりバスケットはうまくありませんでした。

 

しかし、性格的に負けず嫌いというのもあり、放課後はいつもバスケットの練習をしていました。

 

そしてその成果もあり中学2年生の時には、都道府県対抗ジュニア決勝で34得点をあげチームの優勝に貢献しました。この大会では最優秀選手にも選ばれました。

 

中学3年生時には、U15横浜ビー・コルセアーズに所属し「B.LEAGUE U15 CHALLENGE CUP 2018」では大会MVPにも選出されチームの大会2連覇に大きく貢献しました。

 

また、中国の広東省仏山市で行われた「FIBA U16 アジア選手権大会2017(FIBA U17バスケットボールワールドカップ2018 アジア地区予選)」にもU16日本代表の一員として参加しました。

 

さらに男子バスケットボール日本代表候補に史上最年少の15歳で選出されています。

 

ホントに日本バスケ界の期待の星です(笑)

今後の進路先は?

彼は現在アメリカにあるIMGアカデミーに在籍しています。

 

IMGアカデミーは男子テニスの錦織圭や女子テニスのマリア・シャラポワをはじめ、NBA選手ではジミー・バトラー(ミネソタ・ティンバーウルブズ)、イマン・シャンパート(サクラメント・キングス)など、100名以上のNBA選手を輩出したことでも知られる全米屈指の私立小中高一貫校です。

 

今年のNBAドラフトでも、IMGアカデミーのPost graduateチームでプレーしていたアンフェニー・サイモンズがカレッジをスキップして直接ドラフト指名を受けており、そのことからもIMGアカデミーのレベルの高さが窺えます。

 

 

彼の目標は間違いなくNBAです。そして次の進学先はおそらくNCAAのD1の大学です。

 

NCAA(全米大学体育協会)の規定により、3年間で高校を卒業することがNCAAディビジョン1とディビジョン2への進学には必須条件となっているため、田中力選手はバスケットボールと学業で結果を残し、3年後に卒業することが目下の目標となります。そしてIMGアカデミー卒業後に、NCAAのディビジョン1の大学へ進学、さらにはNBA入りを目指すという流れです。

 

IMGアカデミーの充実した環境を求め、毎年有力選手が転校で加入してくる為、ポジション争いは熾烈を極めます。

 

田中力選手がこのレベルの中で生き残り、プレー時間を勝ち取ることが出来れば、将来のNCAAのD1チーム入りはほぼ確実だと思います。NBA入りも見えてくることでしょう。

まとめ

今回は日本バスケの期待の星である田中力選手についてまとめていきました。

 

186㎝という身長に恵まれていますが、フィジカル面ではまだまだ課題が残ります。

 

しかし彼は毎日、3時間の筋トレを欠かさず、プロティンを飲んで肉体強化に励んでいるそうです。

 

成長期なのでまだまだ身長も伸びると思いますが、急ぎすぎるサイズアップはバランスを崩しかねないので焦らずに一歩一歩、夢への道を進んでいってほしいです。

 

今後も田中力選手の活躍に期待しましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!