勉強

この英熟語帳で速読強化!

こんにちは、やすひらです。

 

今回は前回に引き続き僕が大学受験当時に実際に使っていたおすすめの参考書をご紹介していこうと思います。

 

前回は英文法書を紹介したので、今回は英熟語帳をご紹介しようと思います。

 

英熟語の勉強は前回紹介した「Next Stage」でもいいのですが、Next Stageは問題形式なのでできれば、今回紹介する英熟語帳で一通り暗記し終えてから、復習や確認用として取り組んでほしいと思います。

 

では僕が大学受験当時に実際に使っていたおすすめの英熟語帳をご紹介していこうと思います。

「速読英熟語」で英熟語はバッチリ!

僕がおすすめする英熟語帳は「速読英熟語」です!

 

この熟語帳では、主要85大学(+センター試験)の過去7年間にわたる入試問題の中から、2度以上出題された熟語・構文・語法をすべて掲載あります。

 

一単元ごとに4ページで、最初の2ページにはいくつか熟語が使われている200文字程度の英文とその和訳が掲載されています。次の2ページには先ほどの英文で出てきた熟語が12個程度掲載されています。

 

熟語の下には、その熟語使った短文も掲載されているのでより実践的に覚えられると思います。

 

200字程度の英文は、難易度が高くなく比較的理解しやす文になっています。英文の中で英熟語を覚えることによってその熟語の使い方や出題のされ方もわかりますし、記憶に定着しやすく効率的に暗記することができます。

 

 

なので、暗記する際には英文や短文を利用しながら暗記することをおすすめします。

 

最初にも言いましたが、この「速読英熟語」で一通り英熟語を暗記し終えたら、「Next Stage」などの問題形式の参考書をやってみるのもいいと思います。

 

「速読英熟語」で英文の速読力とリスニング力もつけよう!

この「速読英熟語」には別売りですが200字程度の英文のCDがあります。

 

 

このCDを使って速読力とリスニング力をつけることができます。

 

 

まずは実際に英文を見ながらでいいのでCDを聞きます。

 

最初は英文を見ながらでもCDの速度で理解するのは難しいと思います。なので最初はCDの速度を落として聞くのでも構いません。

 

だんだんCDのスピードも上げっていって、通常速度で英文を見ながら英文を理解できるようになるまでやりましょう。

 

次に英文を声に出して音読する作業も加えます。つまり、CDを聞きながら、声に出して英文を音読しながら、頭の中で和訳して英文を理解していきます。

 

人は自分が発音できない音や英単語は理解できないので、自分も発音できるようにしましょう。これをすることでリスニング力もあがります。

 

これができるようになったら、次は英文を見ないで今と同じ作業を行います。

 

英文のCDを聞きながら、少し遅れてその英文を音読することをシャドーイングと言います。このシャドーイングを行います。もちろん英文を音読するだけではなく、しっかりと英文を理解しなければ意味がありません。

 

 

このシャドーイングをすることによって、リスニング力と発音が上達します。また、英文をスラスラと読む力や英文を頭の中でスラスラと理解する力が上達し、英語長文を速読する力がつきます。

 

 

このシャドーイングができるようになれば大学受験において相当なアドバンテージになるので、ぜひ取り組んでみてください。

まとめ

今回は大学受験当時、僕が実際に使っていたおすすめの英文法書についてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

英熟語は英単語や英文法と同じように英語の土台となる部分なのでしっかりと身に付けてください。また今回紹介したシャドーイングを身に付ければ必ず英語力は上達するので、ぜひ「速読英熟語」を使ってみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!