勉強

英単語と英文法を覚えれば結構イケちゃうよ

こんにちは、やすひらです。

 

以前、大学受験で一番大事な教科は英語です!というお話をしましたが、実際どうやって勉強すればいいのかわからない、という人はたくさんいると思います。

 

ということで今回は、大学受験における英語の勉強法についてお話ししていこうと思います。

まずは英単語を丸暗記しちゃおう

英語の勉強の大まかな流れとしては、英単語→英文法→英熟語→英文解釈→英語長文です。

 

具体的には、まずはセンター試験の範囲までの英単語を丸暗記します。数で言うとだいたい1200個くらいです。

 

どの英単語帳も難易度別にいくつかの章に分かれているので、すぐにわかると思います。まずはこの1200個の単語を丸暗記します。

 

暗記の仕方といては、繰り返し反復することです。

 

一日に10個の英単語をしっかり覚えるよりも、100個の英単語をうろ覚えでも何回も見た方が効率よく暗記できます。

 

仮に一日10個の英単語をしっかり覚えていっても、1か月もしたら結局ほとんど忘れてしまいます。

 

人間の脳は基本的にすぐに忘れてしまうようにできてます。

 

何回も忘れて→覚えて→忘れて→覚えてを繰り返し反復していく中で、短期記憶から長期記憶に変わって忘れないようになります。

 

どうせ最初は忘れてしまうので、暗記する際にはうろ覚えでもいいので、何回も何回も繰り返し見るようにしてください。

 

英単語の暗記だけではなく、ほかの教科でも暗記する際にはこの方法を実践してください。

英文法は問題形式を絡めて覚えていく

英単語の1200個の暗記がだんだんできるようになってきたら、次は英単語の暗記と並行して英文法の勉強もしていきます。

 

英文法の勉強は、まずは教科書のように説明だけされているような参考書で暗記していきます。

 

一単元暗記するごとに、次は問題形式の参考書で問題を解いていきます。

 

間違えたところは、教科書形式の参考書に戻って復習します。

 

基本的にはこの繰り返しです。

 

一単元ごとに教科書形式の参考書で暗記

問題形式の参考書で問題を解く

間違えたところを、教科書形式の参考書で復習

間違えたところをもう一度解く
※回答が合っていても、なぜ正解なのかが自分で説明できなければやり直す。

全問正解したら次の単元に行く

英文法は最後の単元まで進めてください。

 

答えを暗記しただけでは何の意味もないので、しっかりと自分の口でなぜ正解なのかを説明できるまで理解してください。

 

インプットしていてもアウトプットできなければ、なんの意味もないのでここは徹底してください。

 

期間としては、2~3か月あれば覚えられると思います。できればここまでの範囲を100%覚えてほしいですが、9割以上暗記できていれば次に進んでも大丈夫です。

 

ここまでしっかり暗記できていれば、解ける問題も結構増えています。英単語と英文法がしっかりと身についていれば、解ける問題が一気に増えます。

 

センターレベルの問題であれば、解ける問題もたくさんあると思います。

 

なので、ここまでくれば解ける問題が増えたことによって、勉強が楽しくなってきて、モチベーションも上がると思います。

 

実際に僕は楽しくなりました(笑)

 

勉強が少しでも楽しくなると、モチベーションも上がり、勉強するペースも上がります。受験勉強に対してポジティブにもなれます。

 

いいこと尽くしなので、ここを頑張って乗り切ってくださいね。

まとめ

大学受験における英語の勉強法についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

今回は英単語と英文法の勉強法についてお話ししたので、次回は英熟語の勉強法についてからお話ししようと思います。楽しみにしていてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!