その他

受験勉強を始める前に!今の自分を知ろう!

こんにちは、やすひらです。

 

大学受験の勉強を始めよう!と思っても、
実際、何からやればいいのかわからない人は結構いると思います。

 

そもそも大学受験自体、よくわかっていないという人もいると思います。
みんな大学受験が初めての経験なので、当たり前ですよね。

 

実際、僕もその一人でした(笑)

 

そんな疑問を払拭しようということで、
今回は受験勉強を始める前にやるべきことをご紹介しようと思います。

まずは今の自分を知ろう!

まず何よりも今の自分の実力を知らないことにはなにも始まりません。
今の自分の実力がわからなければ、計画を立てられないので、結果的に何をやればいいのかわからなくなってしまいます。

 

また、この状態で勉強を始めるのはとても非効率である上に時間を無駄にしてしまいます。

 

受験勉強をする時間は限られています。
なので、効率よく勉強を進めていく必要があります。

 

そのためにまずは、今の自分の実力を知る作業が必要になります。

 


でもどうやって自分の実力を確認するの?

 

と疑問に思うと思います。

 

安心してください。
自分の実力を簡単に確認できいる方法があります。

それは、


模試を受けることです。

 

模試は高校で勉強してきた、あらゆる分野の問題が出題されます。

 

さらに、自分だけでなく全国の高校生や浪人生などたくさんの受験生が受けるので、今自分がどのくらいのレベルのところにいるのかが一目瞭然でわかります。

 

なので、受験勉強を始める前に、一度全国模試を受けてみてください。

 

これで、今の自分の実力を把握することができます。

目標はなるべく高く設定しよう!

模試を受けて今の自分の実力を確認出来たら、次は目標設定をします。

 

目標設定をするうえで大事なことは、
なるべく高い目標に設定することです。

 

これは僕の経験から感じたことなのですが、自分を含め、周りの友人たちを見る限りでは、
第一志望の大学に合格している人は、結構少ないです。

 

東京都の大学を例に挙げると、

早稲田や慶應を目指して勉強してきた人と
MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)を目指して勉強してきた人とでは、明らかに差が出てきます。

 

必然的なことですが、
より高い目標を目指してたくさん努力してきた人の方が良い結果が出ます。

 

これは勉強だけではなく、スポーツなどあらゆる分野にも当てはまることだと思います。
特に受験には、顕著に表れます。

 

しかしこれはチャンスなんです。

スポーツの場合は、才能のような先天的なものが強く影響することがありますが、
勉強の場合、ほとんど先天的なものは要求されません。

 

勉強程才能のいらない分野はないと思います。
努力がしっかり報われてくれるので、
今現在勉強できない人でも、努力次第で僕のように逆転合格することが可能なんです!

 

このチャンスを掴むためにも、
より高い目標を設定することをおすすめします。

志望大学の受験科目を調べよう!

目標設定ができたら、次は自分の志望大学の受験科目を決めましょう。

 

僕は文系の私立受験だったので文系の私立大学についてですが、一般的に私立大学の場合は三教科受験の大学が多いです。

 

基本的にどこの大学も英語、国語、選択科目の三教科です。

 

選択科目とは、地歴・公民・数学です。
例えば、日本史や世界史、政治経済などです。
この中から1つ選んで受験することになります。

ちなみに僕は日本史を選択しました。

選択科目は、王道に自分の好きな科目を選んだ方がいいです。

 

僕は当時、日本史が好きだったわけではないのですが、よくわからずに日本史を選択してすごく後悔しました(笑)

 

僕は、この中では数学が一番好きだったのですが、
恥ずかしながら、文系だから数学はないのだと思っていて、結局日本史にしました(笑)

 

皆さんにはこんな失敗はしてほしくないので、選択科目はしっかり考えて選ぶことをおすすめします。

 

ちなみに塾の先生などがよくおすすめしていたのは、政治経済です。

 

政治経済は、世界史や日本史に比べて範囲が狭いそうなので、単純に覚えることが少ないからだそうです。

 

しかし注意してほしいのは、
大学によっては政治経済を選択できないところもあるということです。

 

なので、自分の志望する大学の受験教科については、しっかりと確認しておいてください。

まとめ

今回は、受験勉強の前にやるべきことについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

大学受験は皆さん初めての経験で、わからないことや不安も多いと思います。
そんな不安や疑問などが少しでも払拭できたなら幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!